見るは法楽 HDR

ジャンルに関係なくHDRにしてます

南禅寺三門  

                   京都三大門の一つです
    造た人藤堂高虎DSC_4485_6_7_トーンマッピング済み_convert_201503241457441628年に再建

藤堂高虎は沢山の城を造り築城の名人で有名ですが、主君を数多く変えて明治維新まで生き延びた数少ない大名で圧巻は幕末の時幕府に付き官軍を攻撃していたが途中から幕府を攻撃する(お家大事)





                    💥ドーン
DSC_4434_5_6_トーンマッピング済み_convert_20150324145820
                  藤堂高虎 作                      

 





     別名               『天下龍門』
DSC_4440_1_2_トーンマッピング済み_convert_20150324145846
                     門の向こうには法堂





                       柱がご立派
DSC_4455_6_7_トーンマッピング済み_convert_20150324145909




二階はお釈迦様の坐像が安置され、天上には鳳凰図 拝観料が有り 撮影禁止(たいそうな)天井が値打ちなのに DSC_4464_5_6_トーンマッピング済み_convert_20150324145932
       二階からは石川五右衛門が絶景かなと言ったらしい。眺めは確かによろしい

D600 レンズ ニコン14~24mm f2.8 今回レンズはこの一本で抜けの良さはとってもいい

さきチャンHDRぶろぐを見て透明な画像が気になり1年前D600と一緒に購入確かに違う
登山には外せないレンズ夜は天の川銀河も楽しみが増えるシー








レンズ比べ同じ立ち位置からS A ISO 同じで本体はD600
tokina AT-X107   14mmで
DSC_4983_4_5_トーンマッピング済み_convert_20150326130042
この湾曲がたまらなく好きなんだな〜 特に凄く近ずいての絵は(猫や犬 電車の中)


nikon14-24mm   14mmで
DSC_4980_1_2_トーンマッピング済み_convert_20150326130011
パソコンで見ると抜けの良さはハッキリでます
が〜 ブログに載せるのはどちらか選ぶと悩むんだな〜
伏見稲荷編集中いずれUPします

次回は南禅寺法堂に続くレンズ ニコン14-24mm f2,8G一本にてです

このところ見て頂いてる方が増えてきてありがたいことです
又過去の記事を見て拍手大変嬉しく思ってます
この場をお借りして訪問者様ありがとうございます
しかしナカナカ腕前上がりません


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村


蹴上のインクライン  

        この上にインクラインのレールが走ってまーす
DSC_4395_6_7_トーンマッピング済み_convert_20150319122131
撮影中でしたが、撮らして頂きました   赤煉瓦のアーチ、イイね〜
くぐって徒歩5分位で南禅寺に行けます






                 明治23年に完成
  このレールはDSC_4404_5_6_トーンマッピング済み_convert_20150319122231船を台車に乗せて移動し                                        ます







          この様に色々荷物を運んでたのね  電車は走しれません
DSC_4407_8_9_トーンマッピング済み_convert_20150319122255








       琵琶湖疏水を利用して日本初の水力発電所  明治24年に完成
P2291574_5_6_トーンマッピング済み_convert_20150319122202
調べた所インクライン台車の動力に、後には電車の動力源にも使われた様です








             ここは桜の名勝になっています、
レールの長さ500mmP2291586_7_8_トーンマッピング済み_convert_20150319122424レールの上を歩き                                       ながら左右の桜を愛でる








DSC_4410___トーンマッピング済み_convert_20150321122934




次回は南禅寺三門に続きます、
DSC_4473_4_5_トーンマッピング済み_convert_20150321132530




予告の予告ミリタリーシリーズ。陸海自衛隊展示会ヘリ 戦車 地対空 他
DSC_4557_8_9_トーンマッピング済み_convert_20150319185208








にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

京都水路閣  

 
琵琶湖〜京都の水路DSC_4506_7_8_トーンマッピング済み_convert_20150314120213明治21年完成







    ズームインDSC_4491_2_3_トーンマッピング済み_convert_20150314120135








水路橋の事を水路閣と言います  現在も琵琶湖の水が脈々と流れています
DSC_4509_10_11_トーンマッピング済み_convert_20150314120241










   水路閣の上はDSC_4536_7_8_トーンマッピング済み_convert_20150314120358この様に流れています






反対側からパシャリ  明治から今まで止まらず凄いね〜良く戦争で壊されなかったもんだ
DSC_4542_3_4_トーンマッピング済み_convert_20150314120421








水路閣は南禅寺の境内にあります
DSC_4554_5_6_トーンマッピング済み_convert_20150314120446
次回は蹴上のインクライン、南禅寺三門を予定しています







にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村


派手な大坂の下町  


あなた お姉系〜P2141553_4_5_トーンマッピング済み_convert_20150306004126

天王寺動物園西出口P2141550_1_2_トーンマッピング済み_convert_20150307105324徒歩10秒
             で新世界に動物園撮影で小腹が減り串カツを食べに

               通天閣の真下にある
  通天閣と言えばP2141565_6_7_トーンマッピング済み_convert_20150307105404坂田三吉でしょう

通天閣といえば河豚で有名なずぼら屋 新世界で一番古いのでは? 調べますと創業が1920年 P2141529_30_31_トーンマッピング済み_convert_20150307105456
 昔(30〜40年)はふぐと言えばずぼら屋 カニはカニ道楽 道頓堀のくいだおれ太郎が大坂の老舗

通天閣と言えば二度ずけ禁止の串カツ=だるまや=ここも古い いつも並んでいます
P2141484_5_6_トーンマッピング済み_convert_20150307105552
何十年ぶりに行きましたがグーでした、兎に角安いんだ〜 

         通天閣と言えばビリケンさん、本物は通天閣展望台です
幸運の神さんですP2141568_69_70_トーンマッピング済み_convert_20150307105429足の裏を掻くと後利益があります

どこの店もド派手です目立ちたがりの大坂の文化此処は特に、又安い
P2141517_8_9_トーンマッピング済み_convert_20150307105524
次一番のお気に入りを発見しましたそれは

最初のお姉〜 そうなです散髪屋さんなんです、ええなぁ〜この派手さおもろい良く見ると700円安〜ウ
足のしなりがいい芸が細かい(看板屋さんと色々と相談しながら作たんやろ〜な)拍手やね
P2141553_4_5_トーンマッピング済み
これを見てブログ一回分作ろうとバチバチとオリンパスEP-3で20分で仕上げました

追 前にまぐろの串刺しの看板のブログを発見面白い、それも何故か散髪屋さんでした大坂はおもろい
  北の方の他府県の方には理解しずらいかもね

次回は琵琶湖疏水と水路閣です又見てね

にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村


🐯と豹  

デカイなあ〜
DSC_4233_4_5_トーンマッピング済み_convert_20150303112650

やっぱし可愛くネイDSC_4236_7_8_トーンマッピング済み_convert_20150303112738猫カフェーだな

豹のコドモが戯れて  
DSC_4197___トーンマッピング済み_convert_20150303112814


  ガラス越しにDSC_4200___トーンマッピング済み_convert_20150303112844撮影d600
天王寺動物園に行って見て柵やガラス越しばかりでカメラ目線でなく昔ながらの動物園に感じました
コレではお客様は減るナアー時代遅れ旭川動物園にご指導してもらいなさい。
大坂市の納税者として残念至極

にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

▲Page top